FXでの注文方法

 FXでの取引では、売り注文と買い注文という2種類の注文を、取引きを始める新規の際と、取引きを終わらせる決済の際の2つのタイミングで入れていきます。
この2つの注文と2つのタイミングを使い分けながら、通貨を買って売ったり、売った通貨を買い戻したりして投資取引きを繰り返していくのです。

FXは、このようにシンプルな注文方法で行われており、基本的にはこれに注文の予約というものを用いて構成されています。
もっとも基本となる注文は成行注文というもので、為替相場の動きを実際に確認しながら、投資家のタイミングで注文を入れていくものになります。

予約注文をにはいくつかの種類があるのですが、よく使われるものは指値注文と呼ばれるものになり、これはあらかじめ価格を指定して注文を行っておき、為替レートがその価格になったら注文が約定される仕組みです。
この指値注文を決済注文のタイミングで、損失が出る方向に仕掛けておくものを逆指値注文と言い、こうしておくことで万が一為替レートが急激に損失方向に動いた場合に、被害を最小限にして取引きを終了することができるため、損切りの要としてよく用いられます。

こうした予約注文には、複数の注文を組み合わせて行う組合せ注文というものもあります。

例えば先ほどの指値注文を決済タイミングで二つ同時に予約しておき、片方を利益が出る値で、もう片方を損切りの値で出すこともできます。
こうした組合せ注文は「OCO注文」と呼ばれ、新規の注文を行った後にこのOCO注文を入れておけば、あとは何もしなくても投資家の思惑通りの結果を得ることができます。

また、新規注文と決済注文を同時に行う「IFD注文」であれば、さらに投資の戦略性を高めることができます。
この注文では、一つの注文が約定した時点で、もう一つの予約注文が出されるという流れになっています。
このため、為替レートが任意の価格になって新規注文が約定されたらば、その時に決済の注文を同時に仕掛けるという組合せができるために、例えば後から発注される注文を逆指し値注文に指定しておけば、リスクを最小限にしながら、理想の始値から取引きを開始することができるのです。

この二つの組合せ注文をさらに組み合わせたものが「IFO注文」というものになり、これを利用すれば、投資家が為替相場を見ることができなくても、自動的に投資取引きを完了させることができるのです。

形としては、IFO注文の新規注文が約定した時点で、OCO注文を出すという流れになり、例えば、為替相場が1ドル100円の状態になったら1ドルを買うという注文を入れておき、この注文が成立した時点で、片方は損切り用に1ドル90円になったら1ドルを売るという決済注文を、またもう片方には、1ドルを120円になったら1ドルを売るという利益確定のための決済注文を仕掛けておくのです。

この流れの組合せ注文を入れておけば、投資家が何もしなくとも、20円の利益が出るか、10円の損失になるかで取引きが終わることになり、なおかつ、1回の注文だけで、これらのことが全て終了するため、忙しい時や就寝や外出の前などには、大変に重宝する注文方法なのです。